注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

もうすぐ秋の彼岸 お供え用小菊の出荷最盛期 5万3000本の収穫見込まれる/岡山・真庭市

芸術 彼岸用の小菊を収穫する中山さん=岡山県真庭市で
彼岸用の小菊を収穫する中山さん=岡山県真庭市で
         

 秋の彼岸を前に、お供え用の小菊の出荷が、産地の岡山県真庭市で最盛期を迎えている。

 岡山県真庭市余野上の中山克己さん(67)は、咲くと赤からピンクになる「精はちす」、濃い黄色の「精やすらぎ」など15品種で栽培。彼岸の頃に咲くよう、つぼみのまま収穫する。

 夏場の高温と少雨で栽培管理は難しかったものの、中山さんは「今年もなんとか例年並みに育った。仏壇やお墓に供えるだけでなく、フラワーアレンジメントなどで家の中にも飾ってもらえれば。多くのみなさんに真庭産の小菊を知ってもらいたい」と話す。

 JAによると、同市では久世地区を中心に11戸が計約110アールで栽培。秋の彼岸用は5万3000本の収穫が見込まれ、JAを通して岡山市場に出荷するという。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG