注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

イオン津山店「どこでもレジゴー」導入

経済・産業 購入商品のバーコードを読み取る買い物客
         

 岡山県津山市河辺のイオン津山店は、スマホを使った新たなセルフレジ「どこでもレジゴー」を県内の店舗で初めて導入した。
 スキャン機能を利用して商品のバーコードを手に取ったその場で読み取り、まとめて無人の清算用端末で会計を済ませられる。コロナ禍の中、店員との接触やレジの待ち時間を減らし、混雑を緩和させる狙い。流通大手のイオンリテール(本社・千葉県)が各地で導入を進めており、全国で60店舗、中四国では広島、島根、愛媛県の5店舗が取り入れている。
 同店では、食品売り場で使用する貸し出し用の端末45台、同端末を取り付けることのできる専用カート120台、清算用端末3台を用意。店員が詳しい使い方や支払い方法をレクチャーしている。また、所有するスマホにもレジゴーのアプリを入れて使用することも可能。
 スマホの画面では購入する商品の価格や数量などが表示され、合計金額も確認できる。西吉田の小城武士さん(46)は「計算する手間が省けるなど、いろいろと便利なので今後も使っていきたい。操作は簡単だからすぐ慣れると思う」と話した。磯永裕介店長は「1度試してみて、利便性を感じてほしい」とPRしている。

購入商品のバーコードを読み取る買い物客


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG