注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

インフル流行本格化 インフルエンザ警報発令 約4年10カ月ぶり/岡山

行政・公共 津山朝日新聞社
         

 インフルエンザの流行が本格化し、今後も患者増加の可能性があるとして岡山県は1日、インフルエンザ警報を発令した。A型の患者が急増しており、感染予防の徹底を呼び掛けている。警報発令は2019年1月25日以来約4年10カ月ぶり。

 定点調査している県内84医療機関で1施設当たりの平均患者数が基準(30人)を上回ったため、10月5日に出した注意報を切り替え、最新データ(11月20〜26日)の同患者数は31.35人。19年の発令時より56日早い。

 累計患者1万2433人(同日現在)の約8割が20歳未満で、学校での広がりが目立つ。検出されたウイルスは、県環境保健センターで調べた13検体はA香港型が中心ですべてA型。保健所別の同患者数は、倉敷市が52.06人と最も多く、美作は14.70人。

 県健康増進課では 県健康増進課では「手洗いやうがいなどの予防策を徹底し、場面に応じたマスク着用を。症状があれば早めに医療機関を受診してほしい」としている。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG