注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

オミクロン株対応ワクチン接種強化期間 取り組み開始

行政・公共
         

 岡山県は17日、新型コロナウイルス流行「第8波」に備えて同日から12月30日までを「オミクロン株対応ワクチン接種強化期間」と定め、啓発や接種機会拡充などの取り組みを開始した。
 ワクチン接種率が伸び悩んでいることを踏まえ、川崎医科大学の中野貴司主任教授によるQ&A形式での分かりやすい広報をさまざまな媒体で実施し、啓発を強化。
 県営接種会場の体制では、川崎医科大学総合医療センター(岡山市)は毎週金曜日に事前予約者を対象に午後2時半から受け付けている接種について、12月は午後3時半から2時間は予約不要とする。毎週金、土曜日の夜間に受け付けている県医師会館(同)は、年末の12月26日〜30日は連日対応する。
 伊原木隆太知事は同日、流行第8波と季節性インフルエンザの同時流行を見据え、基本的な感染対策の徹底や早期のワクチン接種、体調不良時の備え(抗原検査キットや解熱鎮痛薬など)を県民に呼びかけるメッセージを発表した。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG