注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

クリーンセンターリサイクルプラザ、利用者が10万人突破

暮らし
         

 津山圏域クリーンセンターリサイクルプラザ(領家)の利用者が11日、10万人を突破した。2016年の4月の供用開始から4年9カ月で達成。中谷八郎所長は「今年はコロナ禍の影響を受けているが、対策を十分にとり、今後も利用促進を図りたい」としている。
 10万人目となったのは午前11時半ごろ、月に2回ほど施設を利用する小森佳子さん(39)=津山口=と娘の望美ちゃん(2)。中谷所長からNPO法人・木にかえるが製作した檜カップやリユースコーナーの有償品引換券などが贈られた。小森さんは「びっくりしたがとてもうれしい。ここにあるリサイクル品は良い物が多いので、これからも利用したい」と話した。
 同施設はクリーンセンター全体を運営管理している津山圏域資源循環施設組合が県環境保全事業団に運営を委託。管理棟内には圏域内の住民から持ち込まれた生活用品などのリユースコーナーや修理工房、自然環境学習ホール、リサイクル体験工房などがあり、隣接する工場棟では見学ができる。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG