注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

グラスハウス、コロナ禍で今月の入場者数は昨年の約4割程度で推移。プールとしては今年が最後の夏になる可能性。/岡山・津山市

経済・産業 グラスハウス、コロナ禍で今月の入場者数は昨年の約4割程度で推移。プールとしては今年が最後の夏になる可能性。
         

 8月最後の日曜日となった30日、グラスハウス=岡山県津山市=には家族連れら593人が訪れ、プールで涼を満喫した。記録的な暑さが続くものの、コロナ禍で今月の入場者数は昨年の約4割程度で推移する〝異例の夏〟。施設がコロナ対策に努める中、来場者は思い思いに水遊びを楽しんでいた。
 この日の津山市の最高気温は37.6度まで上昇し、3日連続の猛暑日に。訪れた人たちは、90メートルのウォータースライダーや30メートルの滑り台型のワイルドリバーなどを満喫。屋外の流水プールでは青空の下、浮き輪に乗って流れたり、親の背中につかまったりする子どもたちの笑顔がはじけた。
 家族で訪れた岡山県岡山市の井上羽梛さん(5)は「浮き輪に乗って流れるプールが楽しかった。水が冷たくて気持ちよかった」とにっこり。
 例年は多くの親子連れや友人グループらでにぎわうが、指定管理者のミズノグループ共同体によると、30日までの8月の入場者数(会員を含む)は、計1万3620人で昨年同期の4割程度に減少。7月は3割程度だったという。最も人出が多くなるお盆はいつもであれば1日2000人を超えるが、最多の15日でも899人にとどまった。新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛ムードや、市内小中学校の夏休みが短かったことなどが響いたという。
 コロナ対策としては、ロッカーを半減させたほか、レストランを休業して飲食禁止に。アルコール消毒液の設置、抗菌抗ウイルスコーティング剤の塗布、スタッフを含む検温などを行っている。
 担当者は「しっかりと対策を講じて来場者を迎えており、安心してプールを楽しんでもらいたい。3密に十分気をつけながら、厳しい暑さをしのいでもらえれば」と話している。割安なナイトタイムもある。
 グラスハウスをめぐっては、市民が委員を務める「津山自分ごと化会議」で、年間約1.1億円の税金や今後必要となる大規模改修などから、「2021年3月末の指定管理期間終了に合わせて、廃止もしくは別用途への転用を考える必要がある」との提案書が今年2月、市長に提出されている。市は市場調査を行いながら今後の活用について検討を進めており、プールとしては今年が最後の夏になる可能性がある。

p
プールで水遊びを満喫する人たち


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG