注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

コロナウイルス、感染予防の徹底を呼び掛け

医療・福祉 コロナウイルス、感染予防の徹底を呼び掛け
         

 美作地域の企業で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が確認されたのを受け、津山市は2日から、市内の会社を訪問して感染予防の徹底を呼び掛けている。
 全9工業団地に加え、従業員20人以上の事業所を訪れる予定。マスク着用や三密回避といった「新しい生活様式」をはじめ、飲食や休憩、喫煙、車での移動など、感染リスクが高まる場面を紹介したチラシ、啓発用ポスターなどを配る。
 津山産業・流通センターの津山卸センター協同組合(戸島)には加盟社の約20人が集まり、チラシを見ながら職員から注意点を聞いた。誠商社の竹内茂樹さん(47)は「市内で増えている現状は怖い。会社を挙げて感染防止に努めなければならないと改めて感じた」と話した。
 美作地域では10月中旬から、新型コロナウイルスの陽性判明が相次いでいる。市と隣接する勝央町の事業所では、県内最大となる26人のクラスターが確認された。

市職員から感染予防の注意点を聞く企業の社員


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG