注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

サバ寿し製造販売、美園食品本店例年以上の注文

食関連 サバ寿し製造販売、美園食品本店例年以上の注文
         

 「皆さんの祭りへの思いが伝わってくるかのようです」―。そう話すのは作州名物サバ寿しを製造販売する美園食品本店(里公文)の榎本正人専務(51)。新型コロナの影響で祭りが軒並み中止になり「食べてもらえるか心配だった」が、ふたを開けると例年以上に注文が舞い込んでいる。
 作州の秋祭りには欠かせない郷土料理。ピーク時は日に1000本以上作る人気商品だが、「祭りがあってこそ」と不安に思っていたという。ところがシーズンに入るとどんどん予約が入り始め、いつも以上の注文に驚きつつ「地域や家族を大切に思う気持ちの表れ。勇気をもらった感じですね」と榎本専務。
 自慢の寿しは近海の真サバを使用する。塩抜き、骨抜きをした身を独自の合わせ酢に1〜2昼夜浸して味付け。地元のうるち米ともち米をブレンドして酢飯にする。無添加にはこだわりがある。サバと酢飯を型に入れて押し、セロファンで包む。作業は午前1時ごろから昼過ぎまで続く。
 「この時期のサバは脂が乗ってとてもおいしく、まさに秋の味覚。今年は家でゆっくりと祭り気分を味わってほしい」
 トレー入りは1個800円、焼サバ寿司、味噌煮サバ寿司、サバ南蛮寿司も人気。市内や県南でも販売されているほか直売、地方発送にも応じている。
 問い合わせは、同店(■573939)。
写真
手際よくサバ寿しをつくる榎本専務ら


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG