注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

お金の知識深めよう 小学生対象に信金が「スクール」 クイズや工作で楽しく学ぶ/岡山・津山市

教育・保育・学校 信金職員や学生に手伝ってもらいながら貯金箱をつくる小学生たち
信金職員や学生に手伝ってもらいながら貯金箱をつくる小学生たち=岡山県津山市で
         

 岡山県津山市の津山信用金庫本店で21、22の両日、第9回「つしんこどもマネースクール」が開かれ、美作地域の小学生計28人が講義を受けたり、施設内を見学したりしてお金に関する知識を深めた。

 22日は、津山市や美咲、勝央町から15人が参加。信金職員が講師を務め、「お金は物やサービスと交換する役割、物の価値を測る役割があるほか、必要な時に使えるよう、貯めることができる」「自身で保管していると、盗まれたり、なくしたりする心配があるので、かわりに銀行に預ける」といった金融機関の役割のほか、金銭の循環について分かりやすく説明した。

 続いて美作大学の児童文化研究部4人がクイズや工作を実施。工作で児童たちは信金職員や学生に手伝ってもらいながら、ペットボトルの貯金箱の制作に挑戦。カラーペンで色を塗ったり、金色や銀色の折り紙などを張り付けたりして、それぞれ思い思いにデザインした。

 鶴山小6年・中田啓太君(11)は「話を聞いてとても勉強になった。大人の人が頑張って仕事して受け取ったお金から、おこづかいやお年玉をもらっている。大切にしていきたい」と話した。

 この後、金庫内の探検やサプライズとして実物の札束1億円を持ち上げるといった体験も行った。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG