注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

デニムに親しみを 駅観光案内所トイレ出入り口のれん贈呈 内田縫製「レインボーデニム」/岡山・津山市

行政・公共 のれんを手にする内田さん(左)と長畑課長=岡山県津山市で
のれんを手にする内田さん(左)と長畑課長=岡山県津山市で
         

 ジーンズ製造販売の内田縫製(岡山県津山市、内田政行社長)は8日、津山市横山のJR津山駅北口広場の観光案内所トイレ出入り口に設置するデニム製のれん2枚を津山市に贈った。

 既存製品の劣化に伴い、管理・運営する市が官民連携の取り組みとして広告入りのれんの無償提供者を昨年10月に募集。同社が申し出、試作を重ねて製造した。

 縦60センチ、横82センチ。落ち着いた濃いインディゴ色で、経年変化で中から赤や黄色、緑といった7色が現れるオリジナル生地「レインボーデニム」を採用している。右下にはオレンジで「UCHIDA HOUSEI」と刺繍を施した。

 同所で贈呈式があり、デザインした内田直行さん(31)が「利用者がデニムに親しみを持ってもらえるよう思いを込めた。駅のにぎわいにつながってほしい」と長畑泰都市基盤整備課長に手渡した。

 長畑課長は「市の玄関口としてシンボル性を高め、広場の魅力の向上になると期待している」と話している。

JR津山駅北口の観光案内所トイレに設置された内田縫製ののれん
JR津山駅北口の観光案内所トイレに設置された内田縫製ののれん


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG