注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

マダニが媒介する感染症が県内で増加

医療・福祉 マダニが媒介する感染症が県内で増加
         

 マダニが媒介する感染症が県内で増加し8月末現在、「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」の患者が過去最多の4人、「日本紅斑熱」が過去最多タイの7人に上っている。県はこれから野山に入る機会が増えるシーズンを前に注意を喚起し、対策を呼び掛けている。
 県健康推進課によると、患者はSFTSが50〜70代の男女、日本紅斑熱が60〜70代の男女でいずれも5〜8月に感染している。このほかダニの一種ツツガムシによる「ツツガムシ病」に1人が1月に感染。いずれも発熱や発疹などの症状を伴い、重症化すると死に至ることもあるという。
 県はホームページやチラシで、山や草むらでの野外活動時には長袖、長ズボンを着用し、防虫スプレーを使うなどの防御策を啓発。
 同課では「かまれた際には、無理に引き抜くとダニの一部が皮膚に残ることもあり、病院での処置が望ましい。疑わしい症状がある場合も早めに受診してほしい」としている。

マダニ(県提供)


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG