注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

ペットボトルで楽器作り 親子らユニークな音色奏でる 「音楽の原点を」/岡山・津山市

芸術 空想楽器・ブーパクの音色を楽しむ子どもたち
空想楽器・ブーパクの音色を楽しむ子どもたち=岡山県津山市で
         

 古楽器やオリジナル楽器で心温まる音の世界を創造する「ロバの音楽座」の松本雅隆さんによるワークショップが27日、岡山県津山市大谷の中央公民館で開かれ、親子約40人が個性豊かな楽器を手作りし、表現体験を楽しんだ。

 NPO法人みる・あそぶ・そだつ津山子ども広場主催。古楽器(バグパイプ)の紹介とミニ演奏会に続いて、ペットボトルを使った空想楽器・ブーパク作りに挑戦した。参加者はペットボトルを絵の具でカラフルに色付けした後、段ボールに思い思いに顔を描いて取り付けた。挿し込んだ筒から息を吹き込むと〝ブーブー〟というユニークな音が響き、歌に合わせてみんなで楽しく音色を奏でた。

 東小学校1年の西村知志君は「思ったより簡単に作れたし、大きな音が出てとてもおもしろかった」。土居小学校3年の岩本のどかさんも「ヘビの顔を付けて、ブーブーという音が鳴ってとても楽しかった」と笑顔で話した。

 2月23日には、同音楽座の音楽会「わいてくるくるおんがっかい」が同市新魚町のベルフォーレ津山で開かれる。午後2時半開演。「心温まる音楽の原点を子どもたちに」とPRしている。

 問い合わせは、同広場(TEL:0868-22-6177)。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG