注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

ワクチンの大規模集団接種

医療・福祉
         

 社会機能の維持に欠かせない仕事に従事する津山圏域の「エッセンシャルワーカー」らへの新型コロナウイルスワクチンの大規模集団接種が10日、新魚町のアルネ津山で始まった。17日までの8日間で5544人の接種を予定しており、順調に進んでいるという。
 津山圏域定住自立圏を構成する1市5町(津山市、鏡野、勝央、奈義、久米南、美咲町)での取り組みで、同市が運営。対象職種は保育園・認定こども園、幼稚園、放課後児童クラブ、学校教職員、高齢者・障害者向け在宅サービス事業所、県警、民生児童委員、愛育・栄養委員、消防団員など。市ワクチン接種推進室によると「ワクチンは十分確保できている」としており、1日500〜800人を予定している。
 3階フロアに特設会場を設置。受け付けと予診票確認を4カ所ずつ、予診と接種を3カ所ずつ設け、訪れた人たちが順番に接種を受けている。市内の愛育委員の女性(62)は「会場ではきちんと準備ができていて、とてもスムーズだった。接種を受けたのでこれからは地域で活動する際も安心できる」と話した。
 同室によると、5544人のうち約1500人が市外から参加。また、これまで市内医療機関で行っている個別接種では、13・7%が市外からの接種者という。
 時間は午前10時半〜午後6時半。2回目の接種は8月7〜14日に行う。
 

大規模接種会場で接種を待つ人たち


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG