注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

三人展・原・風・景

芸術
         

 県内外のガラス作家、漆作家、テキスタイル作家による「三人展・原・風・景・」(NPO法人勝山・町並み委員会主催)が、真庭市勝山の勝山文化往来館ひしおで開かれている。3月13日まで。
 吉備中央町在住のガラス作家・磯谷晴弘さん、ともに東京都在住の漆作家・西川雅典さん、テキスタイル作家・岡本昌子さんが計36点を出展。重厚な器に水を張ったように見える「泉」シリーズのガラス、平面を折り曲げた造形が特徴の「風のかたち」シリーズの乾漆、青を基調としたグラデーション風の「水系譜」シリーズの染色などが並ぶ。
 勝央町勝間田から夫婦で訪れた自営業・大塚剛士さん(59)は「どうやって作られたのだろうかと感じる作品ばかり。作家それぞれの個性が表れていておもしろい」と話した。
 午前10時〜午後4時。2、9日休館。入場料300円(中学生以下無料)。

ひしおで開かれているガラス、漆、テキスタイル作家の三人展


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG