注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

中四国農政局、水稲の作況指数を発表

経済・産業
         

 中四国農政局が30日に発表した県内の水稲の作況指数(15日現在)は95で、この時期では2年連続の「やや不良」となった。害虫トビイロウンカの被害や夏場の高温障害の影響といい、10㌃当たりの予想収量は505㌔(前年同期517㌔)。
 前回発表(9月15日現在)からは5ポイント下がり、ここ10年では2014年(94)に次ぐ低い水準。地域別では、わせ品種が大半を占める県中北部は97の「やや不良」で、同予想収量は501㌔。なかて、おくて品種中心の県南部も93の「不良」で、同予想収量は507㌔としている。
 主食用の作付け面積は2万8900㌶(前年比400㌶減で、予想収穫量は15万500㌧。前年に比べて3%減となる見込み。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG