注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

二十四節気「小寒」 スズメたちも羽を膨らませ 寒風に耐える/岡山・津山市

二十四節気 羽を膨らませて寒風に耐えるスズメたち
羽を膨らませて寒風に耐えるスズメたち
         

 1月6日は二十四節気の「小寒」。冷え込みが厳しくなる「寒の入り」とされる。

 小田中の丘陵地「山畑」では、木々のこずえに身を寄せ合うスズメたちが羽を膨らませ、寒風にじっと耐えている。そのたたずまいから豊かさを表す縁起ものとして「福良雀」「福来雀」とも書かれ、厄をついばむ家内安全の象徴とされてきた。えさが少ないこの時季は、時折り地面に下りて草の種などを探してしのぐ。
 

 岡山地方気象台によると、明日は冬型気圧配置となって寒気が流れ込み、津山市は曇り一時雪の予報。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG