注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

家畜を供養「畜魂祭」 関係者が感謝の祈り 「人々の生活を守る尊い命」/岡山・津山市

経済・産業 畜魂碑に向かって焼香する関係者
畜魂碑に向かって焼香する関係者=岡山県津山市で
         

 岡山県津山市国分寺の同市食肉処理センターで18日、津山ミート協同組合の本年度「畜魂祭」が営まれ、関係者ら約50人がしめやかに家畜を供養した。

 

 コロナ禍のため2020年度から同市大谷の教本寺で関係者のみで行っていたが、本年度は通常の規模に戻して実施。畜魂碑前に祭壇を設置し、森岡和雄理事長が「尊い命をいただき、人々の命や生活が守られている。1頭の命も無駄にせず、市民の命にかえることを約束し、霊の安らかならんことを祈る」とあいさつした。同寺の楪葉大導住職らの読経の中、参列者が次々と焼香した。

 

 同組合は16社で組織。昨年度の処理頭数は牛4140頭、豚385頭、めん山羊1頭の計4526頭。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG