注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

人口減少に歯止めを 1市5町の共生ビジョン懇談会 事業進捗や要望再確認/岡山

行政・公共 あいさつする小笠原会長
あいさつする小笠原会長
         

 岡山県津山市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町1市5町で構成する津山圏域定住自立圏の共生ビジョン懇談会が29日、津山市役所で開かれ、第2期共生ビジョン(2022〜26年度)に基づく事業の進ちょく状況を確認した。

 人口減少に歯止めをかける目的で形成した圏域。同ビジョンでは福祉や医療、教育、産業振興の分野で41件の事業に取り組んでいる。このうち36事業(約88%)でKPI目標に向けて順調に推移。「病児保育」や「合同企業説明会」など5事業が「目標達成が困難」と判断された。

 また新規取り組みの「基幹支援・虐待防止センター」と「手話奉仕員養成研修」の説明があった。委員から「圏域の一次救急医療が破たんしている。支援を」といった要望があった。

 委員は各市町各分野の16人で構成。開会に先立ち会長に津山青年会議所・小笠原翔太理事長、副会長に美作県民局地域づくり推進課・河本泰輔課長を選任。小笠原会長が「広域連携は人口減少社会で非常に重要な役割がある」とあいさつした。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG