注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

人権を考える市民のつどい 開催

行政・公共
         

 本年度「人権を考える市民のつどい」(津山市、市教委主催)が27日、岡山県津山市大田のリージョンセンターで開かれ、市民約100人が、人権擁護に向けて決意を新たにした。
 谷口圭三市長が「世界で戦争が起きている今、思いやりの心が広がることを願っている」とあいさつ。続いて、標語を募った「ひと・ふれあいメッセージ2022」(応募総数3199点)の最優秀・優秀賞と「人権週間・津山市児童・生徒ポスター」(同2408点)最優秀賞の表彰式があった。
 落語家の桂春蝶さんの「ニライカナイで逢いましょう〜ひめゆり学徒隊秘抄録」〜と題した講演、津山人権擁護委員協議会らの活動紹介もあった。
 入賞者は次の通り。(敬称略)
 【ひと・ふれあいメッセージ2022】▼最優秀賞▽小学生の部=上市翔貴(鶴山小4)▽中学生の部=清水杏奈(北陵中1)▽一般の部=尾?邦明▼優秀賞▽小学生の部=中西冠仁(中正小1)、鈴木茉音(東小2)、十亀渚(一宮小3)、澤村伊吹(鶴山小4)、有岡千景(一宮小5)、田原作楽(東小6)中学生の部=遠山愛果(北陵中3)▽一般の部=日下聡 
 【第74回人権週間津山市児童・生徒ポスター】▼最優秀賞▽小学校低学年の部=宮脇唯(西小1)▽小学校中学年の部=久本悠智(新野小4)▽小学校高学年の部=宿野心奏(河辺小5)▽中学校の部=正木優奈(北陵中2)

谷口市長から表彰状を受け取る受賞者


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG