注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

今年初 作州津山宮川朝市

食関連 今年初 作州津山宮川朝市
今年初 作州津山宮川朝市
         

 今年初めての作州津山宮川朝市が13日、山北の城北橋下の宮川河川敷で開かれ、新鮮な野菜や魚介類などを買い求める家族連れらでにぎわった。
 県内の20店が出店。新津山中央水産(津山口)の鮮魚、岡本農園(池ケ原)の野菜、ヤスダ茶香園(鏡野町土居)の茶葉、にわとり村中家養鶏場(和気町)の卵などがずらり。
 美作市の農家・小坂田百合子さん(75)と黒薮幸子さん(81)の店では、同市海田地区の「天日干し番茶」や勝英地域の黒大豆といった地域産品を販売。買い物客は小坂田さんらと談笑しながら、目当ての品を購入していた。
 内田信一同実行委会長(72)は「コロナ禍の影響で中止も考えたが、感染対策を徹底することで開催した。楽しみにしている人たちのためにもできることをしていきたい」と話した。
 朝市は毎月第2日曜日に開催している。来月は3月13日の予定。

新鮮な食材を買い求める人たち


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG