注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

体育分野3年生限界に挑む津山東高・最後のフルマラソン

教育・保育・学校 最後の実施となったフルマラソンで、勢いよくスタートする体育分野3年生
最後の実施となったフルマラソンで、勢いよくスタートする体育分野3年生
         

 津山東高校普通科体育分野のフルマラソン第37回「チャレンジ42・195km」が2022年12月14日、同校(岡山県津山市林田)を発着点に行われた。本年度で同分野に残る生徒全員が卒業するため、37年続いた伝統も最後となり、3年生12人が気合いを入れて臨んだ。
 1985(昭和60)年に普通科が3類型に分かれ、体育コースなどが設置された。その翌年に第1回目が始まり、今まで多くの生徒たちが果敢に自己の限界に挑んできた。
 開会式では園田哲郎校長が「ここで終止符が打たれるのは寂しく思うが、無理をせず有終の美を飾ってもらいたい」と激励。小雨の中、男子8人、女子4人は保護者や教員、同級生らの声援を受けながら勢いよく走りだし、加茂町塔中の市役所加茂支所を折り返し地点に市内を駆け抜けた。走者の寺坂十楽さん(17)はスタート前のインタビューで「みんなに元気と勇気を与えられるように、走りきる」と意気込んでいた。
 同分野長の片山哲也教諭は「地域の人やOBも含め多くの人たちに支えられてきたことに感謝している。みな困難を乗り越える心身を身に付け、将来に生かしてほしい」と話した。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG