注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

個性豊かに「書道アート」 ダウン症児親の会が挑戦 書家から指導受け展示へ/岡山・津山市

芸術 山下さんに教わって書道アートに挑戦する子どもたち
山下さんに教わって書道アートに挑戦する子どもたち=岡山県津山市で
         

 ダウン症児親の会「あひるの会」のメンバーが14日、岡山県津山市小原の書家・山下虔華さんに教わりながら書道アートに挑戦した。作品は6月に開かれる山下さん主宰の書道展「理波展」で展示される。

 

 同市総合福祉会館に24家族、きょうだいを含めて31人が集まった。11回目となる今回のテーマは「ぐるぐるいろは」。渦巻状に切られた大きな和紙が用意され、筆を手にした参加者は順番に「いろは歌」を一文字ずつしたためた。力強く大胆に書いたり、やさしいタッチで筆を運んだりと、個性豊かな文字が楽しそうに並ぶ大作を仕上げていった。

 

 あひるの会は今年で結成35周年、理波展は30回目の節目を迎える。山下さんは「コロナ禍でなかなか集まることができなかったが、今年は小さな子どもたちも参加して楽しくできた。字に興味を持って積極的に書いてくれる子どもたちもいて、毎年みんなの成長を感じる」と話した。

 

 書道展は6月17〜19日、同市新魚町のアルネ津山4階・市立文化展示ホールで開催。山下さんの教室生の作とともに、”立体作品”にして出展する。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG