注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

元気に川の流れの中へ ウナギの稚魚1400匹放流 「2年後には食べごろ」/岡山・津山市

自然 中間育成されたウナギの幼魚
中間育成されたウナギの幼魚
         

 岡山県津山市の吉井川漁協(松田安弘組合長)は31日、管内の本支流にウナギの幼魚70キロ、約1400匹を放流した。

 もじ(かごわな)の禁漁期に合わせて実施し、幼魚は静岡県の養鰻(まん)場で中間育成した平均50グラム、体長30センチ前後のサイズ。本流を中心に加茂川、香々美川、横野川と宮川、広戸川、皿川、倭文川、打穴川、本山川、甲和気川に配分した。

 このうち本流中流部は10カ所に分けて組合員がバケツから放ち、ウナギたちは元気に身をくねらせて流れに消えていった。

 同漁協では「稚魚の仕入れ値高騰が続いている中、なんとか数量を確保した。2年後には150グラム前後の食べごろになる」としている。

 同漁協管内のウナギ漁は、もじ(漁期5月1日~9月末)と夜ぼり(同通年)に遊漁券1等(年券1万1000円)、釣り(漁期通年)とつけ針(同)に2等(年券4400円)が必要。

吉井川本流にウナギを放つ組合員
吉井川本流にウナギを放つ組合員
中間育成されたウナギの幼魚
中間育成されたウナギの幼魚


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG