注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

全国高校野球選手権岡山大会

スポーツ
         

 第103回全国高校野球選手権岡山大会(県高野連など主催)が10日開幕し、12日までに1回戦11試合が行われた。美作地域勢は、津山商と作陽が敗退した。
 12日は雨天により、エイコンスタジアムで予定されていた美作地域勢の美作―岡山南と勝山―倉敷は中止、倉敷市営球場での津山東―青陵はノーゲームとなった。
 【1回戦(11日)】
 〈倉敷市営〉
津山商
 0000000 0
 140210× 8
城 東
  (7回コールド)
 (津)赤鹿、竹本―高森
 (城)塚本、岡本―森本
 ▽三塁打=河田(城)▽二塁打=森本、鈴木(城)
 〈エイコン〉
作 陽
000000000 0
00100200× 3
学芸館
 (作)飯田―枝元
 (学)仲村―勝樂
 ▽二塁打=保科(学)
 ○…作陽は相手投手の好投に押され、好機をつくれなかった。2安打に抑えられ、12三振を奪われた。
 チーム初安打が出たのは4回。2番の三塁手・片山が1死の場面で単打で出塁するも後続が打ち取られた。8回には6番の1塁手・栗栖の左前安打、9回にも2四球で走者を出したが、いずれも打ち取られた。
 片山慎吾主将は「格上を相手に全員で粘って守り、チャンスをものしようとしたが力不足だった。相手投手を攻略する作戦もあったが積極性に欠けた」と悔やんだ。
P?
4回、チーム初安打を放つ片山(作陽―学芸館)


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG