注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

全国高校野球選手権岡山大会

スポーツ
         

 第103回全国高校野球選手権岡山大会は15日、1、2回戦7試合がエイコンスタジアムなどであり、美作地域勢は、津山が2回戦進出を決め、林野は敗退した。
 津山は、17日にマスカットスタジアムで和気閑谷と戦う。
 【1回戦(15日)】
 〈エイコン〉
林 野
100000000 1
00000102× 3
倉敷南
 (林)安井、遠藤敬―遠藤創
 (倉)藤井、西山―鶴?
 ▽二塁打=大寺蒼(林)、藤原(倉)
 ○…林野は、好調な滑り出しをみせたものの、倉敷南の終盤の追い上げを阻止することができなかった。
 1回に先頭打者の遊撃手・大寺が二塁打を放ち、5番の中堅手・和田の単打で1点を先制。2回以降6回までに計5本の安打などで好機をつくるも生かし切れず、同点で迎えた8回裏、2死満塁の窮地をしのげず逆転を許した。
 先発投手で6回に降板するまでに8三振を奪った安井理雄主将は「投球に悔いはないが、終盤は皆打ちたいという気持ちが出過ぎて大振りになった。後輩には打撃で勝てるチームを目指してほしい」と話した。
津 山
113000200 7
130001000 5
備前緑陽
 (津)加藤、栗栖―道慶
 (備)福田―永井
 ▽本塁打=道慶(津)▽二塁打=平賀、井上、安東(津)、小橋祐(備)
 ○…津山は、本塁打が出るなど打線が奮起し、備前緑陽の猛追を振り切った。
 本塁打が出たのは2―4で逆転された直後の3回。2四球で走者が出ると、前打席を三振で終えていた5番の捕手・道慶が、内角低めの2投目を豪快にすくい上げ、レフトスタンドに3点本塁打を放った。6回に同点にされたが、7回に3番の右翼手・安東、5番の三塁手・菊谷の適時打で突き放した。
 公式戦初本塁打だったという道慶は「走者をなんとか帰したいと思っていた。これまでに打ったことのない感覚で気持ちが良かった」と振り返り、2回戦に向け「平常心を保ち、いつも通りに打席に立つ」と語った。

P?
3回、逆転の3点本塁打を放つ津山の道慶(津山―備前緑陽)

P?
1回、生還する林野の大寺。先頭打者で二塁打を放った(林野―倉敷南)


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG