注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

公共施設 営業再開

行政・公共 津山城を散策する人
         

 緊急事態宣言の解除を受け、21日から津山市内でも公共施設が営業を再開した。津山城や衆楽園、市立図書館などでは5月16日以来、久しぶりに市民らの姿が見られ、憩いの場に安どの声とともに笑顔が戻った。
 山下の津山城は午前8時40分に開門。高齢者らがさわやかな木々の深緑の中、散策などを満喫した。一番乗りだった京都府亀岡市の大森敬一さん(80)は「森蘭丸の弟がつくった城をずっと見てみたかった。緊急事態宣言が明けるのを待っていた。立派な石垣に感激です」と話していた。
 市観光協会はこの日、津山観光センター、津山駅観光案内所、加茂町インフォメーションセンター、城東むかし町家、黒木キャンプ場などを再開。22日からは津山まなびの鉄道館、城東観光案内所和蘭堂を開く。
 一方、新魚町の市立図書館は午前10時に開館。待ちわびていた市民らが次々に訪れ、本を借りたり、静かに読書をしたりして思い思いの時を過ごした。沼の鳥取順子さん(74)は「待ちに待っていました。7冊借りました」とにっこり。加茂町、勝北、久米図書館は22日から再開する。
 市は、指定管理を含む文化施設や観光施設、キャンプ場など163カ所を休館していた。イベントも順次再開する。


1津山城を散策する人

2市立図書館で本を借りる市民


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG