注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

公立高校特別入試

教育・保育・学校 公立高校特別入試
公立高校特別入試
         

 岡山県内の公立高校46校で9日、一般入試に先立って2022年度の特別入試が2日間の日程で始まった。美作地方(岡山御津を含む)の9校(19科)では、約980人が各校共通の学力検査や独自の試験に臨んだ。
 津山高(椿高下)の理数科では、総定員(40人)のうち津山中からの進学を除く募集枠19人に対し、26人が受験。生徒たちは手指消毒をしてから会場に入り、午前9時20分から学力検査(国語、数学、英語)に挑んだ。2日目は面接と口頭試問がある。
 特別入試は、学力とともに多様な能力や適性を測るため専門学科、総合学科を中心に14年度から導入され9年目。合格内定者は18日に通知する。また本年度は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、募集定員全員を特別入試で選抜する津山高など4校で3月2日に追試日を設けている。一般入試は同8、9日に実施する。

試験開始時間を待つ受験生=津山高で


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG