注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

写真を撮る人たちで賑わう 桜は六分~三分咲き【2024年津山さくらまつり 4月2日|写真】/岡山・津山市

2024津山さくらまつり 鶴山館前から、菜の花と備中櫓=2024年4月2日午前10時24分
鶴山館前から、菜の花と備中櫓=2024年4月2日午前10時24分
         

 津山さくらまつりは開催二週目に入り、いよいよ園内の桜も見ごろを迎えつつある。

 入口付近の桜並木は、六分咲きといったところ。大勢の人がカメラを構え、淡いピンクが美しい桜、菜の花の鮮やかな黄色と茎の緑の色鮮やかな様子を、雄大な石垣を背景に写真に収めようと、熱心にシャッターを切っていた。

 三の丸では、六分咲きから場所により三分咲き、二の丸・本丸では三分咲きといったところ。本丸から下段を見下ろした際に、桜の花が一面を覆うように咲き誇る「桜のじゅうたん」と呼ばれる風景が見られるには、もう少し時間がかかりそうだ。

 日差しがあると暖かいが、朝晩はまだ気温が1桁台と冷え込む。夜桜に出かける際は、ひとつ厚手の上着があると良さそう。

 また、明日3日は、日付が変わった頃から雨の予報。岡山県北部を含む西日本では、警報級の大雨になる予報も出ており、出かける際には注意が必要だ。

津山城・入り口近くの桜と菜の花=2024年4月2日午前11時10分
津山城・入り口近くの桜と菜の花=2024年4月2日午前11時10分
津山城・入り口近くの桜と菜の花と石垣=2024年4月2日午前10時18分
津山城・入り口近くの桜と菜の花と石垣=2024年4月2日午前10時18分
入り口近くの桜並木=2024年4月2日午前10時16分
入り口近くの桜並木=2024年4月2日午前10時16分
三の丸から二の丸への石段(表中門跡)周辺=2024年4月2日午前10時31分
三の丸から二の丸への石段(表中門跡)周辺=2024年4月2日午前10時31分
切手門跡付近から、備中櫓と本丸の藤棚=2024年4月2日午前10時40分
切手門跡付近から、備中櫓と本丸の藤棚=2024年4月2日午前10時40分
本丸への階段を登る観光客=2024年4月2日午前10時41分
本丸への階段を登る観光客=2024年4月2日午前10時41分
本丸・天守台そばの桜=2024年4月2日午前10時47分
本丸・天守台そばの桜=2024年4月2日午前10時47分
本丸・天守台そばの桜=2024年4月2日午前10時47分
本丸・天守台そばの桜=2024年4月2日午前10時47分
二の丸から三の丸広場を見下ろす=2024年4月2日午前10時34分
二の丸から三の丸広場を見下ろす=2024年4月2日午前10時34分
切手門跡付近から、備中櫓をのぞむ=2024年4月2日午前11時0分
切手門跡付近から、備中櫓をのぞむ=2024年4月2日午前11時0分

昨年(2023年)の津山さくらまつりの様子


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG