注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

初滑りを満喫 アイスランド津山オープン 屋外施設として西日本最大級のスケート場/岡山・津山市

経済・産業 初滑りを楽しむ人たち=岡山県津山市で
初滑りを楽しむ人たち=岡山県津山市で
         

 津山陸上競技場に隣接する県北唯一の屋外アイススケート場「アイスランド津山」=岡山県津山市=が9日オープンし、大勢の家族連れらが初滑りを満喫した。

 リンクの広さは約1800平方メートルで、屋外施設としては西日本最大級。この日は滑走料が無料になり、友人グループや親子連れらが続々と来場。久しぶりの氷の感触を確かめ、友だち同士で手をつないだり、そりで滑ったりと、青空の下で息を弾ませて滑っていた。

 来年2月18日まで営業。昨年より営業日を増やしており、管理運営する市は、1万2000人(昨季1万人)の入場者を目指す。

 営業時間は火曜~土曜日が午前9時~午後8時、日曜、月曜日と祝日、祝日の翌日、年末年始(29、30日、1月2、3日)は午前9時~午後5時。休業日は31日と1月1日。

 滑走料は小学生以下200円、中高生350円、一般600円、貸靴料は300円。毎週水曜と金曜日(29日と1月3日を除く)と最終日は滑走料が無料になる。
問い合わせは、同競技場(TEL:0868-24-4900)。

スケート用イスを使用し楽しむ様子
スケート用イスを使用し楽しむ様子


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG