注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

多彩なジャンル一堂に 文化協会の「祭典」開催中 絵画や器、生け花に書など/岡山・津山市

芸術 絵画や生け花などの展示作に見入る来場者
絵画や生け花などの展示作に見入る来場者=岡山県津山市で
         

 岡山県津山市文化協会「津山芸術文化祭」の展示会が24日、同市山下の津山文化センターで開幕し、加盟団体の愛好者たちによる美術や工芸、文芸などの意欲作が来場者を楽しませている。25日まで。

 

 展示・リハーサル室と廊下を会場に、市内13団体の約180人が日ごろの活動成果を披露している。

 

 山里の風景、空想の世界などをモチーフにした油彩やアクリル画、多様な立体素材を組み合わせて表現した造形絵画、漆塗りの盛器、斬新なあしらいの生け花、趣深い書、写真と組み合わせた短歌、俳句、川柳といった作品が並び、訪れた人たちは作品ごとにじっくりと観賞している。

 

 廣野薫子さん(81)は「それぞれ力作ぞろいだが、特に既成概念にとらわれない造形絵画は面白い。多彩なジャンルの作品が一堂にそろって見応えもある」と話した。

 

 展示会は午前10時〜午後5時。サブイベントとして童謡ひろば〜うたわらべによる歌のパフォーマンスも同室で両日(午後0時半〜、3時〜)実施。最終日は午後1時からステージの部が大ホールであり、和太鼓や民謡民舞、朗読、謡曲などの加盟8団体が出演する。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG