注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

北房ダム湖愛称「四季彩湖(しきさいこ)」に決定

行政・公共 北房ダム湖愛称「四季彩湖(しきさいこ)」に決定
         

 岡山県真庭市は、昨年11月に募集した北房ダム湖(阿口)の愛称が「四季彩湖(しきさいこ)」に決まったと発表した。
 35都道府県の210人(うち真庭市民は70人)から445点の応募があった。「四季彩湖」は6人が提案。選定理由は「四季折々に豊かな表情を見せてくれる北房ダム周辺の景観を現したぴったりの愛称」としている。
 北房ダムは備中川上流にあり1980年に竣工した。かんがい用で貯水量は104万立方㍍。ダム外周の遊歩道は約2・8㌔で、桜や紅葉の名所になっている。隣接する紅葉公園には2018年にキャンプ場が整備された。
写真
愛称が「四季彩湖」に決まった北房ダム湖


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG