注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

北部地区民生委員児童委員協議会、マスクを制作 地区内の高齢者へ配布予定/岡山・津山市

暮らし
         

 岡山県津山市の北部地区民生委員児童委員協議会(髙山科子会長)は27、28日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で不足するマスクを約830枚製作した。主に地区内の高齢者に配布する。
 北部地区は一宮、高田、高倉で、27日は委員12人が東一宮の野辺公会堂に集合。寺から提供してもらったさらしを使用し、縦約12センチ、横約18センチの生地をミシンで縫い上げた後、ゴムを通して完成させた。洗濯して繰り返し使えるという。
 県民生児童委員協議会長も務める髙山会長は「お年寄りは感染リスクが高いと言われており、少しでも不安の解消につながれば」と話した。
 高齢者台帳と災害時要支援者台帳に登録される計約420人に5月7日に配る。
P
さらしでマスクを製作する民生児童委員


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG