注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

緊急災害対策派遣隊を派遣 台風7号で橋崩落の町に 仮設橋の設置も視野/岡山・鏡野町

事件・事故 崩落した橋の状況を調べるテック・フォースのメンバー
崩落した橋の状況を調べるテック・フォースのメンバー=岡山県鏡野町で
         

 岡山県内に大きな被害をもたらした台風7号を受け、中国地方整備局は16日、記録的な大雨の影響で橋が崩落した同県鏡野町上斎原に、緊急災害対策派遣隊「TEC―FORCE(テック・フォース)」を派遣し、早期復旧に向けた現地調査を行った。

 岡山国道事務所の職員3人がテック・フォースとして現地入り。被災自治体に技術的な支援などを行い、早期復旧につなげる。

 橋は町道の大石大木山橋(27メートル)で、橋脚が倒れて一部が崩落。職員たちは仮設橋の設置も視野に入れ、町職員とともに被災状況や地形などを調べた。

 岡山国道事務所の波戸秀浩総括保全対策官は「橋の機能が早期に確保できる方法を検討し、町にアドバイスしたい」と話した。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG