注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

「コロナ後のエールを」 合唱団が4年ぶりの定演へ 小学生の合唱団と共演も/岡山・津山市、勝央町

歴史・文化
演奏会に向けて練習に励む「はるか」のメンバー=岡山県津山市で
         

 岡山県津山市の津山市民合唱団「はるか」(川嶋修団長)は、21日に同県勝央町勝間田の勝央文化ホールで開く第11回定期演奏会に向け、仕上げの練習に励んでいる。

 

 約4年ぶりとなる今回の主な曲目は、継続曲のモーツァルトのミサ曲をはじめ、「あの鐘を鳴らすのはあなた」、童謡「わらべ唄」「機織る星」。新たな試みとして、勝央町の小学生を中心とした合唱団「スマイル・キッズ」とともに「翼をください」も披露する。

 

 メンバーは20代から80代の男女14人で、津山市小原の西苫田公民館に週に1度集まり、秋山貴さん、二宮宏之さんの指揮のもとハーモニーに磨きをかけている。

 

 川嶋団長(68)は「モーツァルトのミサ曲からポップス、童謡まで幅広いジャンルの曲をそろえた。コロナ後のささやかなエールを届けたい」と話している。


 本番は午後1時半開場、2時開演。入場料500円。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG