注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

独独のモノトーン 写真家の山口さんが個展 自然から人工物、ごみも被写体に/岡山・奈義町

芸術 山口さんの展示作品の一つ「Heart of the forest」
山口さんの展示作品の一つ「Heart of the forest」=岡山県奈義町で
         

 岡山市在住の写真家・山口聡一郎さん(63)の個展「ニュー・ネイチャー」が17日、岡山県奈義町豊沢の町現代美術館で始まった。独特のアングルで切り取ったモノトーンな組み写真が訪れた人を魅了している。7月17日まで。

 

 山口さんは1985年からフリーランスフォトグラファーとして東京都を中心に活動。2002年から岡山に移住し、身近な自然を中心とした作品を発表している。今回は写真をコピー用紙に印刷し、防腐剤やニス、ボンドなどを施して光沢や立体的な効果をつけた74点を展示した。

 

 吉井川流域の景色を収めた「クリアーウォーター」、鳥取、高知県の海岸の漂流物を撮った「ビーチ」といった四つのテーマで展開。生き物や風景の美しさだけでなく、川の中に沈んでいた車、岸辺に落ちていた電球などの人工物やごみも被写体にすることで、海辺や川辺の環境保護の大切さを静かに訴えている。

 

 兵庫県から来た下山修さん(78)は「独特の雰囲気が伝わり、見応えがある。初めて来ておもしろい作品に出合えた」と話していた。

 

 また、同館のカフェテリアにはなぎビカリアミュージアムとタイアップした作品も並ぶ。山口さんは「吉井川で撮影した作品は津山のみなさんにとっても身近なテーマで、親近感がわくのではないかと思う。写真愛好家はもちろん、美術全般が好きな人も楽しめるのでぜひ来てほしい」とPRしている。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG