注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

吉井川漁協 フナの幼魚約400匹を放流

経済・産業 フナの幼魚を放流する組合員
フナの幼魚を放流する組合員
         

 吉井川漁協(松田安弘組合長)は2022年12月9日、管内の本支流にフナの幼魚約400匹を放流した。
 釣りが難しくなる寒ブナのシーズンに合わせて例年実施し、幼魚は奈良県の養殖業者から仕入れた15㌢前後、50㌘前後のヘラブナとマブナ。今回は本流中流と上流、香々美川、皿川に配分した。
 このうち八出の本流では、約50匹がバケツから流れに放たれ、フナたちは早瀬から深場に元気よく泳いでいった。
 松田組合長は「2、3年もすると良型になり、強い引きでファンを喜ばせてくれるだろう」としている。管内のフナ漁には、3等(年券2200円)の遊漁券が必要。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG