注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

吉野神社にお目見えした丑の大絵馬

歴史・文化
         

 奈義町中島西の吉野神社に6日、来年のえと・丑(うし)の大絵馬がお目見えした。
 縦80㌢、横1・9㍍のベニヤ板製で、同所の画家・花房紗也香さん(32)が約2週間かけて制作。町内の牧場で撮影した和牛の顔の画像を転写し、背景に水玉模様や淡い花柄をアクリル絵の具で描いており、ポップアート感覚の作品になっている。
 奉納行事には氏子ら8人が参加し、おはらいをした後、拝殿前に設置。髙山命之宮司(64)は「現代的な作風に感激した。来年は牛歩でも着実に世の中が好転し、コロナ禍が収束してほしいもの。参拝して開運招福、家内安全を祈念してほしい」と話している。
 大絵馬の奉納は2011年から行われ10回目。来年2月末まで飾られる。

吉野神社にお目見えした丑の大絵馬


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG