注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

味わい深い多彩な秀作ずらり

芸術
         

 美作陶好会の第28回陶芸展が岡山県津山市大谷の津山中央公民館で3年ぶりに開かれ、味わい深い秀作が来館者を魅了している。27日まで。
 美作地域の愛好家でつくる同会(有本清美会長)の66人(インストラクターを含む)が約300点を出展した。自由作の花器や皿、動物の置物など多彩な作品がずらりと並び、奥深い陶芸の魅力を紹介。課題作の抹茶茶わんも織部の緑釉、黄瀬戸、萩焼、あめ釉、火だすきなど様々。訪れた人たちは形や質感、色合いの妙味に感心しながら見入っている。
 また前日の審査で各賞20点、入選11点が選ばれ、県知事賞は皿を出品した猪上一美さん(津山市)が受賞した。
 そのほかの受賞者は次の通り。(敬称略)
 ▽県教育長賞=大内茂(岡山市)▽山陽新聞社長賞=川本恵子(山陽新聞社長賞)▽津山朝日新聞社長賞=赤田明彦(美作市)▽津山市長賞=山口恵美子(久米南町)▽真庭市長賞=山下知恵(津山市)▽美作市長賞=常守英子(津山市)▽鏡野町長賞=藤原美由紀(津山市)▽久米南町長賞=山本幸子(鏡野町)▽美咲町長賞=山本芳子(津山市)▽津山商工会会頭賞=杉山秀男(津山市)

味わい深い作品に見入る愛好家


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG