注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

園児たちに金メダル 団結力や協調性を養う交流サッカー コートを元気いっぱい駆け回る/岡山・美作市

スポーツ 元気いっぱいプレーする園児たち
元気いっぱいプレーする園児たち
         

 岡山県の美作ロータリークラブ(山本裕二会長)主催の第35回「わんぱくサッカー大会」が27日、美作市の美作ラグビー・サッカー場で開かれた。勝英地域の園児たちがコートを元気いっぱい駆け回りながら試合を楽しんだ。

 同市と勝央町、西粟倉村の幼稚園や保育園、こども園計11園から4~6歳児計157人17チームが出場。岡山県サッカー協会4種委員会勝英地区の指導者10人が審判を務め、ルールを教えた。

 子どもたちはあいさつを交わした後、特設ピッチ(縦幅30メートル、横幅20メートル)で、ボールを追いかけて走り、相手ゴールに向かって果敢にシュートを放っていた。上手にドリブルやパスを繰り出すなど見事な連携を見せたプレーに、見守っていた保護者たちからの拍手が送られた。最後は出場した全員が同クラブからの金メダルを受け取った。

 サッカーが好きだという年長組の安藤隆之介君(5)は「とても楽しみしていたのでできてうれしかった。小学生になってもずっと続けたい」と笑顔で話していた。

 同大会は、園児たちの交流を図り、団結力や協調性、思いやりの心を養うことを目的に毎年開催している。山本会長(62)は「公式戦を行うコートで試合を体験するのも良い思い出になる。スポーツのおもしろさを体感してもらえたら」と語っている。

試合を楽しんだ園児たちに贈られた金メダル
試合を楽しんだ園児たちに贈られた金メダル


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG