注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

その名は「なぎっ子こども園」 地域の親しみ込めて 名付け親に感謝状贈呈/岡山・奈義町

行政・公共
こども園の名前を発案し、感謝状を受け取る人たち=岡山県奈義町で
         

 岡山県奈義町豊沢で整備が進められているこども園の名称が「なぎっ子こども園」に決まり、町は公募で寄せられた203件の中から同じ名前を発案した8〜74歳の9人に感謝状を贈った。


 「なぎっ子」という言葉は、地域住民が親しみを込めて子どもたちを呼ぶ時に使う愛称で、町民とって聞き馴染みがあることに加え、字体のバランスも良く、選考の決め手となった。


 贈呈式が同町豊沢の文化センターで開かれ、奥正親町長は「子育て応援の取り組みが各地から注目を集めている中、こども園はその中心的な役割を担う。応募してくれた多くの人、すばらしい名前を考えてくれた人に感謝の意を表す」とあいさつ。9人のうち出席した8人に賞状を手渡した。


 黒藪蒼空君(8)=奈義小2年=は「弟が2人いて、自分が考えた名前のこども園に入ると思うとうれしい。みんな元気になかよく遊べる園になってほしい」と話した。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG