注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

甘酸っぱーい香り 塩漬けの梅を「土用干し」 夏バテ、疲労回復に「ぜひ食べて」/岡山・津山市

食関連 今年も始まった梅の実の天日干し作業=岡山県津山市
今年も始まった梅の実の天日干し作業=岡山県津山市で
         

 岡山県津山市神代の梅の里管理組合加工場で、塩漬けした梅を三日三晩天日にさらす「土用干し」作業が始まった。8月中旬まで計約700キロを干す。

 県内有数の梅の産地として知られる梅の里公園で6月に収穫した「南高梅」と「甲州小梅」。組合員が約120キロを台に手際よく広げると、さわやかな甘酸っぱい香りが辺りに広がった。満遍なく日光が当たるように1日3〜4回裏返す。自然の力で酸味と塩分が調和し、うまみが凝縮される。

 今年は遅霜がなく、例年より収量が多いという。前原啓志組合長(81)は「土用の丑のころは暑くて天候も安定しており、最高の梅干しができる。健康に良く、夏バテや疲労回復にもなるので、ぜひ食べてもらいたい」と話している。

 干した梅は8月上旬に道の駅・久米の里や地産地消センター・サンヒルズに出荷。シソと一緒に約1カ月間漬け込む梅干しは9月中旬から並ぶ。

今年も始まった梅の実の天日干し作業=岡山県津山市
今年も始まった梅の実の天日干し作業=岡山県津山市で


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG