注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

多彩な被写体とらえた県北写真連盟写真展

芸術
         

 第47回県北写真展(県北写真連盟主催、津山朝日新聞社など後援)が新魚町のアルネ津山4階・市立文化展示ホールで開かれ、多彩な被写体をとらえた意欲作に来場者が見入っている。17日まで。
 美作地域のアマチュア14グループでつくる同連盟(定久照義会長)のメンバー76人と市内の高校生21人が計164点を出展。
 水面が夕日に染まる美咲町大垪和の棚田、紅葉が美しい森林公園のブナ林、一面を彩る奈義町の菜の花畑、熱気みなぎる祭り人、あどけないおさなごの表情など、シャッターチャンスを狙ったカットがずらりと並ぶ。クローズアップしたコガネムシの輝き、トンボの羽化も目を引く。
 日上の坂手東恵さん(71)は「例年以上にいい瞬間や面白い視点の作品が多く、見応えがあります」と話していた。
 主な入賞者は次の通り。(敬称略)
 ▽県北写真連盟会長賞=「旅立ちの時」宮本義章(鏡野町)▽津山市長賞=「心と向き合う瞬間」松永亜紀子(津山工業高校)▽津山朝日新聞社賞=「虹浮玉」本名永奈(津山高校)▽山陽新聞社賞=「メジロ」柳井倫(鏡野町)▽審査員特別賞=「ポツンと柿一つ」堀内清弘(同)▽招待作家奨励賞=「お姉ちゃんになる日近し」明楽俊應(津山市)

多彩なカットに見入る来場者


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG