注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

多言語対応デジタルサイネージ 4カ国語利用 計6基設置/岡山・津山市

行政・公共 洋学資料館に設置された多言語対応のデジタルサイネージ=岡山県津山市で
洋学資料館に設置された多言語対応のデジタルサイネージ=岡山県津山市で
         

 岡山県津山市は、津山洋学資料館(西新町)と津山城下町歴史観(田町)に観光情報などを表示する多言語対応のデジタルサイネージ(電子看板)を設置した。

 機器のサイズは高さ約2.1メートル、幅約1メートル。このうち津山洋学資料館敷地内に設置されたサイネージは、画面下のタッチパネルで日本語、英語、韓国語、中国語(簡体字、繁体字)を選び、さらに市内主要観光スポット、同館のPR、市内バス路線などを選択して詳細を見ることができる。利用はいずれも開館日の午前9時~午後5時。

 観光用のデジタルサイネージは、2022年から津山観光センター(山下)を皮切りに設置され、今回を含め計6基。今回の事業費は約1000万円。

多言語対応で観光情報が表示されるデジタルサイネージ
多言語対応で観光情報が表示されるデジタルサイネージ


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG