注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

大雨に警戒

天候・災害 大雨で水位上昇した町
         

 秋雨前線が停滞している影響で、17日にかけ、中国地方は梅雨末期のような大雨になる恐れがある。気象庁が土砂災害や浸水、河川の増水・氾濫への警戒を呼び掛けている。
 暖かく湿った空気が流れ込んで大気の状態が不安定となり、前線の活動が活性化している。積乱雲が帯状に連なって発生し、激しい雨が降り続ける「線状降水帯」が発生する可能性もある。
 岡山地方気象台によると、14日午後6時までの県北部の24時間予想雨量は、多い所で150㍉。16日午前6時までは100〜150㍉。「ホームページで情報を随時更新している。気象レーダーや危険度予想などを効果的に活用してほしい」としている。
 11日の降り始めから13日午前8時までの総雨量は、津山市が55・5㍉、鏡野町が61・5㍉、真庭市久世が83㍉となった。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG