注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

奈義町に第三の居場所

行政・公共 奈義町に第三の居場所
         

 放課後に児童の生活支援を行う「第三の居場所」が来月、奈義町に開設されることになり15日、公益財団法人B&G財団(東京都)から施設整備・運営費の助成決定書が授与された。備前、美作市に次いで県内3カ所目で、学習支援や食事の提供、生活相談などのサポートをする。
 日本財団が一昨年から行政や民間と協働で進める事業の一環で、連携するB&G財団が海洋センターのある自治体の申請を受けて選考。開設費と3年間の拠点運営費として総額9000万円を上限に助成する。
 同町は豊沢にある町有の多世代交流施設・なぎチャイルドホームの一部を改修して運営し、名称は「第三の居場所b&gなぎ」。町全域を対象に定員は20人とし、利用料はかからない(食事代実費)。運営スタッフ4人が平日の放課後から午後9時まで対応する。
 同ホームでの授与式で、菅原悟志同財団理事長が「さまざまな困難を抱え、支援の必要な子どもの居場所とし、助成終了後も継続してほしい」とあいさつし、決定書を奥正親町長に手渡した。町長は「財団の素晴らしい理念を共有し、子どもたちの自立支援の場として有効活用していきたい」と礼を述べた。

菅原理事長(右)から助成決定書を受け取った奥町長


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG