注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

子どもたちの発想生き生き 「食品ロス」啓発岡山県津山市作品展

行政・公共
         

 「食品ロス」の啓発をテーマにした、ごみ収集車両ラッピング用のポスター作品展(津山市主催)が新魚町の市立図書館(岡山県津山市)で開かれ、市内の小学4年生による応募作品に来館者が見入っている。津山市長賞に選ばれた4作品は、本年度末に導入予定の収集車1台の側面にラッピングされる。12月12日まで。
 若い世代への啓発を狙いに5〜7月募集し、市内7校から寄せられた全応募作173点を展示コーナーに掲示。
 さまざまな料理や食材が捨てられる様子、食事をする児童らが水彩などでカラフルに描かれ、「食べ物を大切に」「残さず食べてごみを減らそう」「買いすぎ、期限切れ、食べ残しNO!」といった呼びかけのフレーズを入れている。このほか家庭での削減のポイントなどを記した持ち帰り自由のチラシを設置。
 国分寺の主婦(65)は「子どもたちが意識するのはいいことで、家族の心がけも変わるはず。私も普段から買い過ぎや賞味期限切れには気を付けている」と話した。
 市長賞受賞者は次の通り。(敬称略)
 池上嬉衣(大崎小)髙木萌寧(向陽小)岡田菜那、中野悠誠(以上誠道小)

食品ロスをテーマにした児童たちの作品に見入る来館者


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG