注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

山鉾の民芸品を集めた展示会ひらかれる/岡山・津山市

歴史・文化
         

 京都八坂神社の祇園祭で巡行する山鉾(ほこ)の民芸品を集めた展示会(津山郷土玩具愛好会主催)が岡山県津山市東新町の城東むかし町家で開かれ、忠実に再現した職人芸のミニチュアに来場者が見入っている。平安時代に疫病退散を願ったのが起源の同祭に、コロナ禍収束祈念を重ねた企画で8月20日まで。
 邸宅奥の東蔵に杉元耕司同会代表(小田中)のコレクション15点を展示。
 このうち終戦直後の作という高さ約1メートルの「長刀鉾(なぎなたほこ)」は、みやびやかな装飾や笛を吹く稚児たち、綱を引く音頭とりの木彫りなども繊細に彩色され、錦織の胴懸けがあしらわれている。
 さらに五条大橋で戦う弁慶と牛若丸を表現した「橋弁慶山」、竜門の滝を登るコイが目を引く「鯉山」、カマキリのからくりがユニークな「蟷螂山」なども並び、それぞれの特徴と「厄除け」「身体健康」「開運」といったご利益の説明を添えている。
 また京都出身の版画家・故徳力富吉郎による「祇園會宵山図」も併設。
 津山市田町の団体職員女性(53)は「どれも手の込んだ細工が素晴らしい。祭りの起源に疫病のまん延があったとは知らず、コロナ禍で今夏は中止と聞いたが、早く収束してほしいもの」と話していた。
p
祇園祭の山鉾の民芸品に見入る来場者


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG