注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

岡山県「ステージ3」に引き上げ

医療・福祉 新型コロナウィルス関連情報
新型コロナウィルス関連情報
         

 県は5日、新型コロナウイルス対策本部会議を開き、流行「第5波」の影響で県内の感染状況が悪化しているとして、4段階の切迫度を2番目に高い「ステージ3(感染急増)」に引き上げた。県民への協力要請に夜間の不要不急の外出自粛を追加するなどし、感染力の強いデルタ株への警戒を促すほか、「Go To イート」など各種経済対策事業の新規販売の一時停止を決めた。
 ステージ3となるのは6月11日以来で、直近1週間(7月29日〜4日)では、政府分科会の指標中6項目のうち新規感染者数と療養者数が「ステージ4(爆発的感染拡大)」、病床使用率とPCR検査陽性率がステージ3に該当。新規感染者数は554人、人口10万人当たりの同確認数は29・31人(ステージ4指標25人)。療養者数595人、人口10万人当たりの療養者数は31・48人(同指標30人)、病床使用率23・5%(ステージ3指標20%以上)。
 5日〜31日を「デルタ株特別警戒期間」とし、県民に対して▽生活必需品の買い物を含めて外出機会の5割削減▽外出する場合は家族ら少人数で混雑する場所や時間を避ける▽会食は家族や毎日顔を合わせる人と4人以下、2時間以内―などを改めて求める。
 Go To イート事業は11日から感染状況が改善するまで販売を停止。すでに購入した食事券も利用自粛を求める。県民の県内宿泊施設利用を喚起する「おかやま旅応援割」、路線バスやタクシーなどで利用できる「プレミアム交通券」は6日〜31日まで停止とする。予約済の宿泊は22日まで割引を適用し、以降の予約でキャンセル料が生じる場合は県が負担する。
 伊原木隆太県知事は「デルタ株の感染スピードが速く、かなり厳しい状況。これから長期休暇やお盆の時期を迎えるが、帰省や旅行など感染拡大地域との往来は原則中止・延期してほしい」と県民に呼びかけている。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG