注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

岡山県津山市中島町内会安全福祉推進会議

医療・福祉 高齢者家庭の状況や緊急カードの作製を話し合った会議
         

 中島町内会安全福祉推進会議が3日、同所の中島西公会堂で開かれた。見守りと声かけが必要な高齢者家庭の状況を確かめるとともに、お年寄りが携帯し万が一の時に役立てる「お互いさま緊急カード」の作製を決めた。
 愛育委員や民生児童委員、安全福祉推進委員、市社会福祉協議会、市職員ら25人が出席した。地域の「お互いさま福祉台帳」に基づく70歳以上の高齢者家庭と、お互いさま福祉員が担当する見守り家庭について、死亡や施設入所、入院、新規追加など昨年12月以降の現状を話し合い、情報を共有。市から発令される避難情報の警戒レベル3「高齢者等避難」の際に運用する「声かけ避難支援連絡体制図」と、地区の避難場所も再確認した。
 お互いさま緊急カード(縦5・3㌢、横8・5㌢)は、名前、生年月日、緊急連絡先、かかりつけ医などを記入しておき、事故などの際に活用。同台帳の高齢者が対象で、10月以降のスタートを目指す。
 安全福祉推進委員の後藤光雄さんは「半年間での高齢者の生活状況の変化などがよく分かった。これからもお互いさまの気持ちで支え合っていきたい」と話した。
 同会議は2009年に第1回を開催し、12年目。年に2回開いている。


高齢者家庭の状況や緊急カードの作製を話し合った会議


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG