注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

岡山県真庭市蒜山地域の「大宮踊」と笠岡市の「白石踊」 ユネスコの無形文化遺産に決定

歴史・文化
         

 日本各地に伝わる盆踊りなどの民俗芸能「風流踊(ふりゅうおどり)」が30日、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産に決定し、24都府県の41件が登録された。岡山県内からは真庭市蒜山地域の「大宮踊」と笠岡市の「白石踊」が選ばれた。
 風流踊は、衣装や道具に趣向を凝らして歌や笛、太鼓などのおはやしに合わせて踊り、華やかで人目を引くという「風流」の精神を体現していると定義され、共通の特徴を持つ民俗芸能として政府が申請。ユネスコ評価機関の事前審査で登録勧告され、先月28日からモロッコで開催中の政府間委員会で正式に決まった。
 国内でこれまで無形文化遺産に登録されているのは「能楽」「和食」「山・鉾・屋台行事」など22件。今回は09年に登録済みの「チャッキラコ」(神奈川県三浦市)を拡張提案するかたちで認められた。
 大宮踊は、蒜山地域で伝承されてきた盆踊り。毎年8月13〜19日、老若男女が神社や寺、辻堂などで五穀豊穣、子孫繁栄を願って踊り、舞うように優雅な「あおい」、歯切れのいい「しっし」、ドジョウすくいなどに変装するユーモラスな「てんこ」がある。1936年に保存会が発足し97年、国重要無形民俗文化財に指定された。
 太田昇市長は「登録実現により大きな飛躍、地域の振興が期待される。市としても引き続き支援していく」。
 同保存会の福井章雄会長(74)=蒜山上長田=は「世界の文化遺産のひとつに認められたことに会員一同、大きな喜びを感じている。保存会を設立して80有余年。今回の登録を道しるべに会員、地域住民と共に地域文化伝承の取り組みを今後も続けていきたい」としている。

ユネスコ無形文化遺産に登録された「風流踊」のひとつ、真庭市の「大宮踊」


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG